その日、メランコリィが共用のロビーに足を伸ばしたのは、偶然だった。元はと言えば、いつもより二時間も早く目が覚めてしまったことに原因がある。すぐに寝直そうとしたのだが、どうにも寝付けない。仕方なく、彼女はそのまま身支度を整えた。どうせ朝食前にはミーティングがあるのだから、たまには余裕を持って支度をしてもいいだろう。普段なら、朝の支度の時間や、ちょっとした余暇は友人のミゼルカと過ごすのがお決まりなのだが――
(……この時間じゃ、お姉さまも起きてないでしょうね)
 ため息をつき、メランコリィはロビーに向かった。そういえば、あそこにはピアノがあるのだ。戯れに弾いて、時間を潰してみることにしよう。
 しいんと静まり返った廊下を歩き、メランコリィはロビーに足を踏み入れる。ピアノの前に行こうとすると――視界の端、共用のソファーの上に思わぬものが見え、メランコリィは、小さく悲鳴を上げた。
(ちょ、ちょっと――ミーティングまであと一時間以上もありますのよ!? なのに、なんで……!)
 彼女の視界に入ったもの――それは、彼女の仲間であり、同時に最も恐れる少年でもあるフリーセルだった。最も会いたくない相手に出会ってしまい、メランコリィは恐怖で凍りつく。今すぐにでも踵を返したいところだが、露骨な態度を取れば彼の機嫌を損ねてしまいかねない。
「ご、ごきげんよう……フリーセル。ずいぶん早いんですのね」
 愛想笑いを浮かべながら恐る恐る声をかけてみる。が、返事はない。ソファに腰掛けてうつむく少年の表情は、さらりと垂れる髪に隠され、彼女のほうからは窺えなかった。
(何なんですの? も、もしかして何か怒ってますの?)
 機嫌を損ねた時の彼は、とても恐ろしい。当たり散らされやしないかとメランコリィは身構えたが、
(――あ、もしかして)
 そろりと少年に近付き、顔の下でひらひらと手を振ってみる。案の定、無反応である。 ……どうやら眠っているらしい。それが分かり、メランコリィは脱力した。
(な、なんだ……びっくりさせないで欲しいですわ……)
 メランコリィはほっと胸を撫で下ろし、改めてフリーセルに向き直った。
(……それにしても、あのフリーセルが人前で寝ているなんて。ここ数日、大門カイトたちとの対決で忙しかったから、無理もありませんけど)
  珍しいものを見たとばかりに、メランコリィはフリーセルをまじまじと見つめる。彼の前髪に手を伸ばし、そっと払ってみると、端正な顔が露わになった。しかし、眉を寄せ、時折苦しそうな息を漏らすその寝顔は、決して安らかなものではなかった。
(魘されてる……みたい、ですわね……。でも、ちょっといい気味――なんて)
 ふふっ、とメランコリィの口から黒い笑みが漏れる。
 彼女がしばらく寝顔を眺めていると、微かにフリーセルの唇が動いた。
「……、」
 彼の手が力なく動き、空中をさまよう。メランコリィの袖に手が触れると、そのまま指先できゅっと掴んできた。
「きゃっ、起……起きてましたの!?」
 メランコリィは慌てるが、フリーセルはそれには答えず、涙混じりの声でつぶやく。
「……行かないで、」
「え、」
「ママ……」
 メランコリィの袖を掴む指に、一層力が篭められる。まるで、小さな子供が母親の手を握って離さないように。
(ま――『ママ』? なんだ、寝言でしたの……。)
 本当に起きたら厄介だし、長居は無用ですわね――。そう考え、彼女はそっとフリーセルの指を袖から離そうとする。しかし、思った以上に強く掴まれていて、無理に剥がすと起こしてしまいそうだった。彼の指が自然に離れるまで、待つしかないようだ。
(……ま、そのうち離れますでしょ。そうしたらすぐ立ち去ってやりますわ)
 彼女は、そう決意したのだけれど。

     

「……ママ、」
 
「……僕を見て」
 
「……一人ぼっちは、やだ……」
 
「……こわいんだ、ママ……」
 
 フリーセルの呟きは、止むことがなく。ぽつり、ぽつりと言葉が零れるたびに、彼はメランコリィの袖を強く握りしめた。
(ピノクルから、少しは事情を聞いていましたけど――)
 幼くして母親を亡くしたこと。そのせいで、精神的な支柱に飢えているらしいこと。彼の幼馴染の話を聞くに、フリーセルはかなり辛く寂しい幼少時代を過ごしてきたらしい。
 彼とは対照的に、恵まれた環境で育ってきたメランコリィには、あまりに縁遠く、理解しきれない話ではあったのだけれど。
(貴方はなんて、弱い人なのかしら)
 母親を呼びながら涙を浮かべて眠る彼を、メランコリィは一瞥する。普段、最年少ながらに仲間たちを仕切り、まとめ上げる姿からはとても想像できないほど、彼は憔悴していた。
「……哀れですわね」
 嘆息し、メランコリィは――そっとフリーセルの頭を撫でてみる。それは、ほんの気まぐれ。少しだけ可哀相に見えた彼を、憐れんでやっただけに過ぎない。けれど。
「……」
 彼の苦しげな呻きが、少し止まった気がした。もう一度彼の頭に手を添え、ふわりとした髪をゆっくりと撫でる。それを何度か、メランコリィは繰り返した。次第に彼の寝息が規則的なそれへと変わり、彼女の袖口を強く握りしめていた指も、緩められていく。……今ならきっと、容易く彼の指をほどいて、立ち去ることも出来るだろう。しかしメランコリィは、もはや当初ほどの恐怖を彼に抱いてはいなかった。
(気持ちよさそうに寝ちゃって――まるで子供ですわ)
 彼女から自然と微笑みがこぼれる。頬を優しく撫で、ついでに目尻の涙も拭ってやると――フリーセルの目が、うっすらと開いた。
「ん……」
「!」 
 ぱちり、と瞬きをする彼と目が合い、メランコリィは慌てて手を引っ込めた。フリーセルのほうは未だ夢心地といった様子で、ぼんやりと彼女を見つめている。
「メランコリィ……?」
「わっ、私、何もしていませんわよ? 私はただ、えっと……」
 さっきまで寝顔を眺めていたくせに、彼が起きてしまった今では、顔を合わせるのがなんだか気恥ずかしく感じられた。耐えられなくなって視線を逸らすと、軽く握られたままの袖口が目に入り、メランコリィは余計に狼狽してしまう。
「……?」
 フリーセルは慌てた様子のメランコリィを不思議そうに眺めていたが、ふと自分の手がメランコリィの袖を握っていることに気付く。
「……ああ、ごめん。寝ぼけて掴んじゃったみたいだね」
「そ、そうなんですの。貴方が離して下さらないものだから、私、ずっとここで待たされてたんですのよ?」
 逃げ口を見つけたとばかりに、メランコリィは弁解を始める。あくまでフリーセルが悪いのだ、と言いたげに。しかし、それは逆効果だった。
 フリーセルが意外そうな顔でこう訊ねてきたのだ。
「……それで、ずっと一緒にいてくれたのかい?」
「……!」
 かあっとメランコリィの頬が熱くなった。
 フリーセルはそんな彼女の様子に気づいた風でもなく、袖を掴んでいた手を離し、彼女の手のひらにそっと重ねた。
「……冷たい」
「べ、別にこれくらい何でもありませんわ」
 自分でも気付かないうちに、長時間彼の傍に居た――そのことを察せられるのがなんとなく嫌で、メランコリィは彼の手を払いのけ、話題を変える。
「そ、そんなことより――あなたこそ、随分ぐっすり眠っていたみたいですけど。……よく眠れました?」
「うん――最近は、良く眠れてなかったんだけどね。今日はまあまあかな」
「……そうですの」
 フリーセルの言葉を聞き、メランコリィは満更でもない気分になる。本当は、彼がよく眠れたかどうかなんて、彼女には関係ないはずなのに。
 さて、とフリーセルがポケットから懐中時計を取り出した。
「……ミーティングの集合時間まであと40分か。できればもう一眠りしたいけど――」
「お好きになさったら? ……30分もしたら、起こして差し上げますわよ」
 普段の彼女なら、絶対にこんな提案はしないだろう。しかし先程の彼の言葉を聞いて、もう一度くらいは気まぐれを起こしてあげてもいいという気になっていた。
 するとフリーセルが、彼には珍しい、躊躇いがちな声色で切り出した。
「うん……ねえ、メランコリィ。一つ頼みがあるんだけど、聞いてくれないかな」
「何ですの?」
「その、……部屋に戻ったりしないで、しばらくここにいてほしいんだ」
そして微かに、声にならないつぶやきが漏れる。
「――、」
 いかないで、と。メランコリィには聞こえた気がした。
 苦しげに呻く声を聞いて。すがるように袖を掴まれるのを感じて。涙を浮かべて眠る姿を見て。
(こんなの、)
 断れるわけありませんわ、と彼女は内心で零す。
「……仕方ありませんわね。ご所望なら、子守唄でもお付けしましょうか?」
 照れ隠しでいたずらっぽく言うメランコリィに、フリーセルは少し考えこんで答える。
「……膝枕がいいな」
「は?」
 至って真面目な調子で返された言葉に、メランコリィは思わず耳を疑った。それに構わず、フリーセルは続ける。
「そういうサービスもあるなら、僕は膝枕がいい」
「サービスって……ちょっと、私はそこまで」
「だって、寝るなら横になりたいし。でも、このソファの縁じゃ枕には硬そうだし。……駄目?」
 そう言ってフリーセルは、じっとメランコリィの瞳を覗き込んでくる。彼の要求が冗談なのか本気なのかさえ、彼女には判らなかった。幸いにして彼の言葉に命令めいた響きは感じられない。断ろうと思えば断ることだってできただろう。けれど。
「お願い」
 彼の潤んだ瞳と、絞りだすような吐息と、とびきり甘い甘い声。
 くらりと理性の傾く音がして。これ以上見つめられたら、どうにかなってしまいそうな気がした。
「……ああもう!お好きになさったらいいわ!」
 半ば捨て鉢になったメランコリィがぽすんとソファに腰を下ろすと、フリーセルはいそいそと頭を彼女の膝に載せた。彼女に背中を向け、彼は子供のように少し身体を丸めて寝転がる。彼の髪と頬が直接膝に触れ、メランコリィはなんだか落ち着かない気分になる。それでも、
「ああやっぱり。柔らかいし、高さも丁度いい。ありがとう、メランコリィ」
 素直にそう言われると、たまには気まぐれも悪くないと思ってしまうのだった。
「……そのうち、たっぷりお礼を返してもらいますわよ」
「あは、今度は僕が膝枕してあげるって? それもいいね」
「冗談を言ってる暇があったら、早く寝たらどうなんですの? ……あくまで、膝をお貸しするのは30分だけなんですのよ」
「わかってる。 ……おやすみ、メランコリィ」
「――ええ、おやすみなさい、フリーセル」
 よい夢を、と、メランコリィは心のなかでだけつぶやいた。